採用強化の為のHP

こんにちわ。

チーバくんの胸のあたりにある「市原市」を拠点にWEBを使って地域活性化を図るWEB制作会社Munです。

今回は採用を強化するためのHP制作についてです。

日々、弊社にはHP制作相談が来るのですが、よくある目的の1つに

採用強化したいのでHPを作りたい

というものです。

今のご時世、ほとんどの人が求人を申し込む前にホームページを確認するでしょう。

ホームページがないだけで敬遠する人も多いでしょう。

おっしゃる通りでございます。

「HPを新しく変えただけで申込が申し込みが5倍に増えた」

「離職率が大きく下がった」

「良い人が取れるようなった」

そんな感想をよくお聞きします。

確かにホームページを作成、もしくはリニューアルをすると採用に大きな変化が起こります。

間違えないので、きっぱりと言い切ります。

ホームページを作成、もしくはリニューアルするのは採用にとても良いことなんです。

ただ、ここで間違えてほしくないのは、ホームページに多くを求めすぎないことです。

ホームページは万能ではありません。

例えば、先程書いた感想を同時に満たすホームページはかなり難しい。

「HPを新しく変えただけで申込が申し込みが5倍に増えた」

「離職率が大きく下がった」

「良い人が取れるようなった」

考えてみてください。

離職率を下げる方法は、ホームページで実際に働いている状況をリアルに伝えて

就業前に就業後をリアルにイメージさせることが大切です。

それにより、ミスマッチを減らすことにより離職率を下げるのですが、

就業中のイメージが明確になる為、勤務中に理想を描くような人は申し込まなくなります。

ですので、場合よっては申込みは下がります。

このケースは専門的な業種に多かったりします。

また会社が求める「良い人」が足りたい場合も同じです。

申し込む際にセグメントを書ければ、申し込んでくる人は会社の求める人に近づきます。

ただ申込みが減ります。採用に関するコストが下がるので、その方がいいかと思いますが、、、、。

逆に申し込みを増やす為には、御社のストロングポイント(長所)を強調するか

もしくはウィークポイントを薄める必要があるので、業種によっては離職率があがる可能性が増します。

このようにただ採用を強化といっても色々なパターンがありますので、

どのような人材が欲しいか、どんな目的によってつくるべきホームページは変ってくるのです。

HP制作に限らず、WEBに関する事ならなんでも気軽にご相談下さいね。

問い合わせはこちら

問い合わせフォーム

電話番号

0436-26-8170 平日9:00~18:00

まずはお気軽にお問合せ下さいね。

目次